復縁の願い叶えます!

占いが示す可能性と復縁の関係

あなたが彼とのことを占いに問いかけたとき、占い師が使う占術はさまざまで、場合によっては復縁できる「年月日」までもあなたに提示してみせるかもしれません。

それが今現在から一か月後だと言われたなら、あなたは「そんなに待てない」とがっかりするでしょうか。それとも「一か月の間に自分磨きをして彼を驚かせてやろう」と前向きな気持ちになるでしょうか。

もしもあなたが前者のような気持ちになったとしたら、自分が受け身すぎること、彼からの歩み寄りをただ待っているという臆病さに支配された状況が、復縁を阻む大きな障害になっているのかもしれないと考えてみてください。

反対に、もしも後者のような気持ちになったなら、復縁まであとわずかというところまで来ていると自覚しどうか喜んでください。

ただし、占いで示された未来の復縁の可能性を現実にどう活かすかは、その後のあなたの行動によって大きく左右されると覚えておいてください。

良い未来をイメージできればそのように、「どうせきっと当たらない」と意気消沈したままならそのような未来があなたの周囲に形作られていくとしたら、そのような原理が働いていると知ったなら、あなたはどのように行動しますか?

復縁を願っているならば、少なくともネガティブな考えのままだとただ時間が過ぎていってしまうだけで、あなたが望む未来への行動を自らは起こしていないということになり、実現する可能性は0のままということになってしまうのです。

占いは、自分のイメージを強化し膨らませ、行動を起こす動機として使うことができたとき、あなたに彼との復縁という自分で掴み取った未来を約束してくれるかもしれないものなのです。